2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

高レベル放射性廃液から4元素を個別に化学分離/東芝

2018/03/26  4面 

◆世界初の回収技術開発
 東芝子会社の東芝エネルギーシステムズは23日、二次廃棄物の発生が少ない分離方法を活用し、高レベル放射性廃液から長寿命核分裂生成物(LLFP)を含む4つの元素を個別に化学分離し、金属として回収する技術を開発したと発表した。元素の化学的性質がそれぞれ異なることを考慮して複数の分離法を組み合わせたほか、金属試料として取り出す方法を考案。半減期が数十万年以上のLLFPを含むパラジウムとセレン、セシウム、ジルコニウムの4元素を回収する技術を編み出した。高レベル放射性廃液から、異なる化学的性質を持つLLFPを系統的に回収できる方法の開発は世界初。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事