2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

沖縄電力、2代目石炭船が就航/9万トン級、CO2排出量を抑制

2018/03/26  3面 

沖縄電力が運用を始めた2代目「津梁丸」
沖縄電力が運用を始めた2代目「津梁丸」
 沖縄電力は23日、大型石炭専用船の2代目「津梁丸」の運用を開始したと発表した。積載量は初代津梁丸と9万トン級で同じだが、最新鋭の船舶となり燃費や環境性能が改善されている。具志川火力発電所(沖縄県うるま市、31万2千キロワット)と金武火力発電所(沖縄県金武町、44万キロワット)で使用する石炭の安定調達に貢献する。
 津梁丸は大島造船所(長崎県西海市)で建造された。9日に竣工式が開かれ、オーストラリアに向けて航海を開始した。日本郵船によって運航される。契約期間は2018年から33年までの15年間。初代津梁丸も03年から15年間、石炭の安定輸送を実現してきた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事