2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

原子力学会、2050年の実用化見据え提言/高速炉、未来に備えを

2018/03/26  2面 

 日本原子力学会(会長=上坂充・東京大学大学院教授)は23日、高速炉開発の方向性に関する提言をまとめ、公表した。100年後の姿からさかのぼって考える長期的視点と、今後30年以内に取り組むべきことをまとめた短期的視点を提示。長期的視点では2050年代の実用化を見据えた技術基盤整備、短期的視点では先行炉の知見があるうちに技術発展や人材育成を進めるべきとした。
 提言では、高速炉サイクルがウラン資源の利用率拡大や放射性廃棄物減容などの達成につながるため、今後も開発意義が変わることはないと強調した。エネルギー自給率を現在の7%から大きく改善できる点も、高速炉サイクル導入の意義として主張している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事