2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

九州電力玄海3号機、7年3ヵ月ぶり稼働/プルサーマル4基に

2018/03/26  1面 

23日午前11時に中央制御室の運転員が引き抜き操作を開始した(代表撮影)
23日午前11時に中央制御室の運転員が引き抜き操作を開始した(代表撮影)
 九州電力は23日午前11時、玄海原子力発電所3号機の原子炉を起動した。3号機の運転は、2010年12月の定期検査入りで停止して以来、約7年3カ月ぶり。同日午後11時10分に臨界に達した。順調に進めば、25日中に発電機を並列し、送電を再開する。営業運転復帰は4月下旬を見込む。今月14日には関西電力大飯発電所3号機が原子炉を起動しており、新規制基準に適合した上で原子炉起動に至ったのは、玄海3号機を含め5発電所で計7基となった。
 玄海3号機では、燃料集合体193体のうち32体をMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料とするプルサーマル発電を実施する。MOX燃料を使った原子炉の起動は、四国電力伊方発電所3号機、関西電力高浜発電所3、4号機を含め、3発電所4基となる。
 23日は玄海3号機中央制御室で運転員12人が作業に当たった。今村博信執行役員・所長らが見守る中、午前11時ちょうどに運転員が「制御棒引き抜き操作を開始します」と声を出し、制御棒操作レバーを倒して原子炉を起動。約半日で、核分裂が安定的に持続する臨界に達した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事