2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

電力ガス監視委、16年度託送収支の事後評価結果まとめ

2018/03/22  1面 

◆標準化など効率化促す
 電力・ガス取引監視等委員会は20日の料金審査専門会合(座長=山内弘隆・一橋大学大学院教授)で、一般送配電事業者10社の2016年度の託送収支について、事後評価結果をまとめた。人件費や設備関連費の適切性を今後も確認していく一方、事業者には仕様の標準化を推し進め、調達価格を可能な限り開示していくことなどを求めた。結果は次回以降の事後評価に反映させる。
 託送収支の事後評価結果を取りまとめるのは今回が初めて。評価に当たっては、効率化に資する他社の取り組みを導入した上で、「仕様の合理化を通じて費用削減に努めているか」「中長期的な観点から計画的に設備投資や高経年化対策を進めているか」の2つの視点を重視した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事