2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

コスモHD、風力事業の利益5倍へ/2030年ごろに

2018/03/22  3面 

会見で風力発電事業を新たな事業の柱に育てる方針を示した桐山社長
会見で風力発電事業を新たな事業の柱に育てる方針を示した桐山社長
◆洋上への参画も視野
 コスモエネルギーホールディングス(HD)は2030年頃に風力発電事業の経常利益を現状の5倍となる200億円まで拡大する方針だ。陸上風力発電を約50万キロワットまで増強するほか、洋上風力発電事業への参画を目指す。石油事業と並ぶ中核事業に位置付け、全体の経常利益の「2~3割を占める」(桐山浩社長)規模に育成する。
 20日に都内で開いた18年度から5カ年の中期経営計画「Oil&New2022」の会見で、桐山社長が明らかにした。石油事業は30年頃まで成長余地があると見込みつつ、世界的に地球温暖化への懸念が高まる中で風力発電事業を拡大する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事