2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

エネルギー基本計画、経産省の見直し作業が終盤に

2018/03/20  1面 

◆海外展開の視点も検討
 エネルギー基本計画の見直し作業が終盤に差し掛かっている。今後の取りまとめに向けては、電力・ガス産業のグローバル展開の在り方を盛り込むかも注目される。今後、国内需要の鈍化が予想される中、いかに海外で活路を見いだすかは事業者が成長戦略を描く上での重要な要素の一つ。日本が強みを持つ高効率火力や再生可能エネルギー、送配電分野のほか、O&M(保守・運転)も含めた“パッケージ戦略”が求められる。海外ニーズと国内企業の戦略をいかに合致させるかも焦点になりそうだ。
 経済産業省は、2050年の長期的な視点からエネルギー産業の将来像を探る「エネルギー情勢懇談会」で、仏エンジーなど総合エネルギー企業からヒアリングを実施。再生可能エネへのシフト、ポートフォリオ拡大の経緯などを整理した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事