2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

照度測定を省力化/関電工、自動で図面に結果入力

2018/03/16  11面 

無線通信機能がついた照度計とタブレット端末を用いることで照度測定作業を省力化できる
無線通信機能がついた照度計とタブレット端末を用いることで照度測定作業を省力化できる
 関電工は、施工現場の照度測定作業を省力化するシステムを開発した。ITシステムによる現場支援の一環。消費電力が少ない無線通信プロトコルのBLE(Bluetooth Low Energy)通信を活用し、照度測定値を自動的にタブレット端末に送信。市販のアプリケーションを使ってCAD図面上に測定値を直接入力できる。6月をめどに現場での使用を開始する。
 照度測定とは、建物竣工時に照明設備が所定の照度を確保できているかどうかを確認するための測定作業。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事