2018年5月21日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

環境省、復興拠点整備を本格化/大熊町で解体・除染工事開始

2018/03/15  2面 

除草作業を行うJVの作業員
   除草作業を行うJVの作業員
 環境省は、福島県大熊町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)の整備に向けた建物解体・除染工事を今月9日から開始した。政府が認定した復興拠点の整備計画に基づく工事は、2017年12月に開始した双葉町に続いて2例目。19年度内にJR大野駅周辺や17年8月に除染が完了している先行エリア147万平方メートルの避難指示解除、22年春頃に帰宅困難区域の一部解除、住民帰還開始を目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事