2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

フィンランド・オルキルオト3号機問題、受注側が賠償金600億円支払い

2018/03/13  4面 

 フィンランドのオルキルオト原子力発電所3号機の建設費増大問題にようやく決着がつきそうだ。フィンランドの電力会社テオリスーデン・ボイマ(TVO)はオルキルオト3号機建設事業に仏アレバの最新型炉であるEPR(欧州加圧水型軽水炉)を採用。完成が遅れて建設費が大幅に膨らみ、受注側のアレバと独シーメンスのコンソーシアム、発注側のTVOが互いに巨額の訴訟を提起していた。TVOは現地時間11日、アレバ・シーメンス連合がTVOに4億5千万ユーロ(600億円弱)の賠償金を支払うことで合意したと発表。これによって双方は全ての関連訴訟を取り下げる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事