2018年5月21日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

サウジ原子力建設、受注競争が本格化/優先交渉先、2~3者に絞り込み

2018/03/12  4面 

 サウジアラビアが計画する原子力発電所の建設事業を受注するため、各国の動きが本格化している。各国の報道をまとめると、これまでに5カ国の原子力関係企業が名乗りを上げているもようだ。サウジは4月までに優先交渉先を2~3者に絞り込む見込み。経済的妥当性などを検討した上で来年に着工し、2027年にも試運転を開始したい考えだ。
 サウジは石油の国内消費量を減らし、より多くの原油を輸出に回す狙いで原子力の導入を計画。今後20~25年間に16基の原子力プラントを建設したい考えだ。まずは単機出力120万~160万キロワットのプラント2基を建設する計画がある。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事