2018年5月21日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

中部電力、東清水変電所を無人化/周波数変換も遠隔で

2018/03/09  9面 

無人化に伴い27万5000V変圧器周辺に固定消火装置を設置した(放水試験の様子)
無人化に伴い27万5000V変圧器周辺に固定消火装置を設置した(放水試験の様子)
 50/60ヘルツの周波数変換設備(FC)を併設する中部電力東清水変電所(静岡市清水区)は、3月末に無人化設備として生まれ変わる。一次変電所としての電力供給機能と東西の電力融通について、無人化後は全て遠隔から対応する。現地では無人運転の開始に向けて、最終調整を進めている。
 東清水変電所は、静岡市東部への電力供給と周波数変換の双方を担う重要な地点。現在は日勤班と当直班合わせて、所員13人が勤務している。無人化後は基幹給電制御所、静岡給電制御所、静岡電力センターからそれぞれ遠隔操作・監視する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事