2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、総合再エネ企業へ/洋上風力参入を検討

2018/03/09  4面 

 東芝は仮想発電所(VPP)事業を含めた「総合再生可能エネルギー企業」への進化を目指す。世界的に火力の新設が伸び悩む一方、再生可能エネの導入量が急ピッチで拡大すると判断。洋上風力システム事業への参入を検討するほか、蓄電池を組み合わせるなどして自家消費型の太陽光システム事業に乗り出す。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)といった先進デジタル技術を駆使し、再生可能エネの大量導入に必要な電力需給調整力を提供するVPP事業も本格化する。
 東芝子会社の東芝エネルギーシステムズは1月1日付で社長直轄組織として「エネルギーアグリゲーション統括部」を新設した。太陽光システム事業と風力システム事業、デジタル技術を用いた需要家エネルギー管理事業の3部門を新組織に集約した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事