2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

巨大噴火リスク、可能性十分小さく「容認される水準」/規制庁

2018/03/08  1面 

 原子力規制庁は7日、噴出物が数十立方キロメートルを超える巨大噴火が原子力発電所に及ぼすリスクについて、「社会通念上容認される水準であると判断できる」との見解をまとめた。原子力発電所の運用期間中に巨大噴火が発生する可能性は「全くないとは言い切れない」としながら、広域的な地域に重大かつ深刻な災害を引き起こす巨大噴火を想定した法規制や防災対策が、原子力安全規制以外の分野で行われていないことを理由に挙げた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事