2018年5月23日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

中環審・産構審「排出削減目標引き上げ」

2018/03/01  2面 

◆温対目標の進捗踏まえ指摘
 環境省、経済産業省は28日に開いた有識者会合で、地球温暖化対策計画(温対計画)に関する2016年度の施策の進捗状況を議論した。施策ごとに進捗が見込み通り進んでいるかを評価したほか、経産省は「低炭素社会実行計画」で、温室効果ガスの20、30年の削減目標を既に多数の業界が達成したことを報告。さらなる排出削減に向け、委員からは目標の引き上げを求める声が相次いだ。
 中央環境審議会(環境相の諮問機関)地球環境部会と、産業構造審議会(経産相の諮問機関)地球環境小委員会の合同会合で審議した。温対計画の進捗点検は今回が初めて。両省は各施策をA(見込みを上回っている)、B(見込み通り)、C(見込みを下回っている)で評価した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事