2018年5月23日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

万博誘致成功へ、南海電鉄でラッピング電車が運行

2018/02/28  5面 

難波駅の清井駅長(左)の合図で出発を見送る南海電鉄の遠北社長(右端)ら
難波駅の清井駅長(左)の合図で出発を見送る南海電鉄の遠北社長(右端)ら
 大阪で万博を開くぞー!――。2025年の大阪・関西への国際博覧会(万博)開催実現に向けて、南海電気鉄道は26日、誘致を呼び掛けるメッセージをラッピングした「空港特急ラピート」の運行を開始した。難波駅で開いた出発式には松井一郎大阪府知事や南海電鉄の遠北光彦社長、NMB48のメンバーらが参加。誘致の成功に向けて心を一つにしていた。
 特急ラピートは難波駅と関西国際空港を結び、訪日客の利用も多い。11月まで運行を予定している「万博誘致号」は6両編成で、車両の側面に「2025年万博 20年ぶりの日本開催へ」といったメッセージと万博誘致のロゴマークが貼り付けられている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事