2018年4月25日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、債務超過解消見通し/17年度通期予想

2018/02/15  4面 

◆純損益、5200億円の黒字
 東芝は14日、2017年度通期連結業績で純損益が5200億円の黒字(昨年11月の前回予想は1100億円の赤字)に転じ、17年度末に債務超過を解消できる見通しだと発表した。元子会社の米ウエスチングハウス(WH)関連債権の売却完了と売却に伴う税負担軽減効果で、税引き後純損益が4100億円改善。財務体質の改善などで継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する重要事項が解消されたと判断し、繰り延べ税金資産として約1100億円を再計上して税引き後純損益がその分押し上がる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事