2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

女川2号安全審査、東北電力が防潮堤地盤の改良表明

2018/02/14  2面 

◆東海第二は申請数値、再確認を実施
 原子力規制委員会は13日開いた第548回審査会合で、日本原子力発電東海第二発電所、東北電力女川原子力発電所2号機を取り上げた。東海第二の審査では、審査資料に燃料有効長頂部(TAF)に関する2つの寸法値が記載されていた問題について、原電が原因分析結果を示した。女川2号機の審査では、東北電力が防潮堤直下の盛り土・旧表土に関し、地盤改良を行うと表明。これまでは地盤沈下を許容する防潮堤の設計だったが、沈下防止を基本とすることで信頼性の向上につなげる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事