2018年2月20日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

18年度以降のFIT価格案、太陽光は18円に引き下げ

2018/02/08  1面 

◆小型風力は経過措置
 経済産業省の調達価格等算定委員会は7日、2018年度以降のFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)買い取り価格案を提示した。低・高圧の事業用太陽光(10キロワット以上2千キロワット未満)は、現行の1キロワット時当たり21円から18年度に18円へ引き下げる。陸上風力は20年度に18円とし、それまでに段階的に価格を下げる。一方、小型風力(20キロワット未満)については18年度以降、陸上風力と同区分で扱われるが、一部に経過措置を設ける方針だ。
 買い取り価格案は、至近のコストデータを基に算出した。今後、関係省庁との協議や意見募集を経て、17年度末までに経産相が正式決定する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事