2018年2月20日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]関西電力グループ・冬季安全活動

2018/02/06  6面 

◆厳寒期、ゼロ災目指す
 寒さが厳しさを増す厳冬期の電力の安定供給を支える最前線は、主に屋外などの作業で防寒対策をはじめ、通常とは異なる注意喚起や安全対策が不可欠となる。ただ、基本となるのは、労働災害ゼロを目指し、安全確保を追求する地道な取り組みだ。関西電力グループでは、各社とも安全対策に万全を期し、経営トップのリーダーシップの下、全社を挙げて安全衛生面の活動に力を入れている。そこで、きんでん、かんでんエンジニアリング、関電プラントの3社の活動に着目し、その取り組みを紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事