2018年4月27日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

日本ユニシス、IoTで水力保全高度化/斜面状態を遠隔監視

2018/02/05  4面 

 日本ユニシスはIoT(モノのインターネット)技術を活用し、水力発電所の設備保全を高度化するサービスを提供する。水路設備がある急斜面に複数のセンサーを設置。地中の振動や傾斜、温湿度などのデータを収集して遠隔地から状態を監視できる。東京発電(東京都台東区、坂本邦隆社長)の仁科川第三発電所(静岡県西伊豆町、530キロワット)で3月末まで実証実験を行い、点検業務の効率化につながるかどうかを検証する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事