2018年2月20日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

広域機関、容量市場への参加要件を提示/DR発動前に確認試験

2018/02/05  3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は容量市場へのデマンドレスポンス(DR)の参加要件案を1日の有識者検討会で示した。落札されたDRについて、発動年度が来る前に実効性の確認試験を行うことなどが柱。メインオークションは発動年度の4年前に行うが、案では2年前の夏から冬に確認試験を実施する。発動の機会が多い高需要期に備え、事前の実効性確認が必要と判断した。委員からは、試験を行うこと自体に異論は出なかった。広域機関は具体的な実施時期や実効性の評価方法などを今後詰める。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事