2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

4~12月の燃料消費実績、石炭が過去最高ペース

2018/02/02  3面 

◆電力6社が前年比増
 電力10社が1月31日までに公表した2017年度第3四半期(4~12月)の燃料消費実績によると、石炭消費量が前年同期比1.5%増の4472万6千トンで過去最多を更新した。販売電力量が減少する中で、東北や中部は石炭火力の定期検査日数を前年度より短縮するなどして稼働率を高め、経済性の高いベース電源として活用した。その一方でLNG(液化天然ガス)や重・原油の消費量は減少した。LNGは前年同期に比べて5.6%減り、東日本大震災後で最小の3555万6千トンとなった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事