2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

送研関東支部が賀詞交歓会、施工力確保など一丸で

2018/02/01  9面 

新年のあいさつを述べる後藤支部長
新年のあいさつを述べる後藤支部長
 送電線建設技術研究会関東支部(支部長=後藤清・関電工会長)は1月30日、2018年賀詞交歓会を都内のホテルで開催した。架空送電線工事の元請けなど会員各社のほか、電力会社、鉄塔・架線金物メーカー、関係団体代表者ら約300人が出席。施工力確保や安全活動など、課題解決へ一丸となることを確認し合った。
 新年のあいさつを行った後藤支部長は、同支部が直面する課題として(1)施工力強化(2)技術開発によるカイゼン促進(3)災害防止――の3点を指摘。会員各社による施工力確保は競争環境下で「経営体力の衰えが否めず、もう一歩踏み込んだ強化に手が回らない」と説明。電力会社に対して働き方改革による環境改善へ支援を求めた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事