2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

富士電機、18年度営業利益率目標6%超へ/17年度上振れ考慮

2018/01/31  4面 

 富士電機は2018年度の営業利益率目標を6%超に引き上げる方針を固めた。中期経営計画の18年度目標は6%。同社が29日発表した17年度第3四半期決算で17年度通期見通しを上方修正し、営業利益率を6.1%とした。経費削減効果や為替水準を考慮すると17年度の着地点では一層の上振れ余地もあることから、18年度目標を見直すことにした。従来の過去最高の営業利益率は15年度の5.5%。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事