2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

アナログメーター値を自動取得/日立が見える化サービス開始

2018/01/30  4面 

AIを備えた新サービスのメーター
  AIを備えた新サービスのメーター
◆設備点検を効率化
 日立製作所は電力設備や工場で使われているアナログメーターの値をカメラで自動的に読み取り、人工知能(AI)でデジタルデータ化して「見える化」するサービスを4月に始める。発電所や変電所といった設備の巡回点検や監視を効率化できる。無線と電池を活用することで電源線や通信線の敷設工事を不要にし、後付けしやすい点が特長。独自の電源制御技術などで消費電力量も減らしており、データを1日1回取得する場合で電池交換は3年に1回程度で済む。防水性を備えて屋外でも利用できる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事