2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東電PG、4日連続で融通受電/厳しい寒気で需給逼迫

2018/01/29  2面 

◆DR、5日で計8回
 東京電力パワーグリッド(PG)エリア内は大雪や強烈な寒気の影響で、22日から26日まで厳しい需給状況が続いた。東電PGは25日、電力広域的運営推進機関(広域機関)に他電力からの電力融通を要請し、25日夜に最大100万キロワット、26日に最大137万キロワットの供給を受けた。暖房需要が増加し、揚水発電の発電可能量も減少していた。同社の融通受電は23日から4日連続となった。29日~2月2日の需給は安定に向かう見通し。
 東電PGは25日夕、同日夜の需給を改善するため、広域機関に電力融通を要請。広域機関は東北、中部、関西3社から最大100万キロワットの供給を受けるよう指示した。これを受け、ピーク(午後6時台)見込み5050万キロワットに対する供給力は5227万キロワットから5302万キロワット、予備率は3.5%から5.0%に回復した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事