2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

責任者の役割など明確化/工場等判断基準WG

2018/01/26  2面 

◆17年度審議を終了、一部は来年度施行へ
 総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の「工場等判断基準ワーキンググループ」(WG、座長=川瀬貴晴・千葉大学グランドフェロー)が25日に開かれ、2017年度の同WGの議論を取りまとめた。省エネルギーの取り組みを進める上で、事業者が順守すべき事項をまとめた基準の見直しについては、委員の間で大筋で了承された。一部を来年度から施行するほか、残った論点については非公開で審議を続ける。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事