2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

規制委、日本原電・村松社長招き臨時会議

2018/01/26  2面 

東海第二の審査の現状などについて意見交換する村松社長(左)と更田委員長
東海第二の審査の現状などについて意見交換する村松社長(左)と更田委員長
◆要員の能力向上対策など説明
 原子力規制委員会は24日夕に臨時会議を開き、日本原子力発電の村松衛社長と、同社が取り組む安全性向上などについて意見を交わした。ほぼ月1回のペースで実施している規制委と事業者トップとの対話で、原電が今年度では9社目。村松社長は、発電所パフォーマンス改善の取り組みを中心に説明した。今年11月に運転開始から40年を迎える東海第二発電所について、更田豊志委員長が工事計画認可(工認)審査の工程に言及する場面もあった。原電からは村松社長のほか、和智信隆常務が出席した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事