2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

環境省など、2月10日に都内で福島シンポジウム

2018/01/25  5面 

◆情報発信の在り方討論
 福島の現状について理解を深めてもらおうと、環境省と国連大学は2月10日にパネル討論会「アップデイトふくしま」を国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)で開催する。現状は福島に対する思い込みや誤解が国内外で存在している。これら思い込みや誤解を解くために、今後の情報発信や普及活動を改善する必要がある。そのための視点や手法を共有することが目的だ。一般参加の締め切りは2月6日まで。
 パネル討論会は早野龍五・東京大学名誉教授、越智小枝・東京慈恵会医科大学講師、ウィリアム・マクマイケル・福島大学助教、開沼博・立命館大学准教授の4氏が実行委員を務める「アップデイトふくしま実行委員会」が主催。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事