2018年2月22日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

FIT稼働開始期限、太陽光以外にも適用/エネ庁

2018/01/25  1面 

◆出力増強の扱いも見直し
 経済産業省・資源エネルギー庁は、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)の一部運用を見直す方針を固めた。認定から運転開始までの期限を制限する仕組みを、太陽光以外の電源にも拡大。同様に、出力を増強した場合には、その時点での買い取り価格を適用させる。パブリックコメント(意見募集)を行った後、来年度の運用開始を見込む。
 24日の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」(委員長=山地憲治・地球環境産業技術研究機構理事・研究所長)で了承された。高額の買い取り価格での認定を受けようと、電源によっては“駆け込み申請”が相次いだことも踏まえ、太陽光で先行導入されていたルールを今後コストの低下局面に入る他の電源にも広げる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事