2018年4月20日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

日本工営、砂防堰堤用い山形県に小水力/出力490キロワット

2018/01/25  7面 

 日本工営は22日、山形県大蔵村で砂防堰(えん)堤の高低差を活用した小水力発電所を建設すると発表した。同日、水力発電事業を手掛ける同社グループの工営エナジー、大蔵村、もがみ自然エネルギー(山形県新庄市)の3者が発電事業を行う特別目的会社(SPC)設立に合意。4月に着工し、2020年8月の竣工を目指す。出力は490キロワット。FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用し、全量を東北電力に売電する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事