2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

中環審、第5次環境基本計画素案を提示/経済、社会と一体改善へ

2018/01/22  2面 

◆石炭火力 CO2削減必要性指摘/原子力「低炭素なベース電源」
 環境省は、19日に開いた中央環境審議会(環境相の諮問機関)総合政策部会(部会長=武内和彦・地球環境戦略研究機関理事長)で、第5次環境基本計画の素案を提示した。「環境・経済・社会の統合的向上に向けた取り組み」をキーワードに、それを実行する6つの重点戦略を設定した。電力部門に関する記述では、石炭火力からの二酸化炭素(CO2)排出削減の必要性を指摘。一方、原子力に関しては「低炭素なベースロード電源」とし、原子力規制委員会の新規制基準に適合すると認められた場合、その判断を尊重すると明記した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事