2018年2月19日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

三菱電機、関西地区の売上高6200億円へ/柵山社長

2018/01/19  4面 

会見する柵山社長
会見する柵山社長
◆「生産能力拡大を目指す」
 三菱電機の柵山正樹社長は18日、大阪市内で会見し、同社関西支社と関西地区にあるグループ会社の合計売上高を2020年度に6200億円へ高める考えを示した。系統変電システム製作所(兵庫県尼崎市)や、自動車機器を生産する姫路製作所広畑工場(同県姫路市)の設備を増強。「関西地区の生産能力の拡大を目指す」とも強調した。三菱電機は関西地域に製作所や工場を12カ所設置し、研究所も含めた拠点は22カ所ある。関西支社は17年11月に設立から70周年を迎えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事