2018年2月22日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

MHPS、水素発電GT開発へ/LNG火力で水素30%混焼

2018/01/19  4面 

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は水素発電向けガスタービンの技術開発に注力する。パリ協定の発効などを受けて二酸化炭素(CO2)排出削減に向けた機運が世界で高まる中、水素発電関連技術を将来の低炭素商材の切り札に育てる考えだ。既に既存のLNG(液化天然ガス)火力で水素を30%混燃できる燃焼技術を確立済み。将来は水素専焼発電が可能な技術の実現を目指す。
 安藤健司社長が電気新聞の取材で明らかにした。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事