2018年2月22日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

「除染基準、見直しが必要」/規制委員長、帰還・復興への影響を指摘

2018/01/18  1面 

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は17日、環境省が示している毎時0.23マイクロシーベルトの除染基準について「改めないと帰還や復興を阻害する」と述べ、再考を訴えた。追加被ばく線量の基準である年間1ミリシーベルトを前提にしても、空間線量率と実際の被ばく線量の関係を踏まえると、毎時0.23マイクロシーベルトは「保守的な値」になっていると指摘。今後、規制委として他省庁などにどういったメッセージを出すかを、事務局の原子力規制庁が検討する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事