2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

北海道開発局の「公共施設見学」が好評/非公開エリアも案内

2018/01/10  5面 

新桂沢ダムではかさ上げ工事を見学できる(北海等開発局提供)
新桂沢ダムではかさ上げ工事を見学できる(北海等開発局提供)
 北海道の「公共施設見学ツアー」が好評だ。ダム、トンネルといった公共施設の見学を民間企業の旅行商品に組み込んだもので、その役割や重要性を広く知ってもらおうと国土交通省北海道開発局が全国に先駆けて2013年度からスタート。巨大構造物が大自然にたたずむ光景もさることながら、点検用通路のような普段は非公開のエリアを北海道開発局職員が案内して詳しく解説することもあり、幅広い人気を集めている。
 北海道開発局は現在、18年度の対象施設を公表し、ツアー実施者を募集している。対象施設はダム、港湾、道路、トンネル、橋梁、砂防施設、用水路、遊水池など。工事現場も含まれている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事