2018年1月18日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

//  面 

臨時会見で工程変更について説明する工藤社長(青森市内)

日本原燃が、青森県六ケ所村の使用済み燃料再処理工場とMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料加工工場の竣工時期をそれぞれ3年繰り延べた。新規制基準適合性審査の状況を踏まえ、一層の安全性向上を図ることが目的。写真は、22日に青森市内で臨時会見を行った工藤健二社長




同じカテゴリーの最新記事