2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

北海道電力、バイオ発電会社に出資/道産間伐材を有効活用

2017/12/25  3面 

 北海道電力は22日、三井物産が北海道下川町で計画する地域の木質バイオマスを使ったコージェネレーション事業に参画すると発表した。
 三井物産が4月に設立した事業会社に20%出資する。総合エネルギー企業としての成長に向けた事業領域拡大の一環だ。地域資源を生かした再生可能エネルギーの開発、森林保全にも寄与することができる。
 同事業では、道内で調達する未利用間伐材から可燃性ガスを製造し、ガスエンジンの燃料にする。発電出力は1815キロワット、発熱量は1時間当たり2800キロワット。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事