2018年1月20日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

高レベル廃棄物学ぶ、京都教育大付属桃山小学校が公開授業

2017/12/25  5面 

NUMOの教材も使用し、高レベル放射性廃棄物について学習した
NUMOの教材も使用し、高レベル放射性廃棄物について学習した
◆4年生対象教材に工夫

 京都教育大学付属桃山小学校がこのほど、4年生を対象に高レベル放射性廃棄物をテーマとした公開授業を行った。「日本で最もやっかいなごみは何か」との問い掛けを中心に、児童は活発に意見を出し合った。原子力発電環境整備機構(NUMO)が小学生向けに作成した基本教材やタブレット端末を活用。処分方法などを議論した。授業を担当した樋口万太郎教諭は、児童の意欲的な姿に「かなりの手応えがあった」と話していた。
 当日は関係者が見守る中、5時間目の社会科を公開授業に充てた。児童36人を4人ず…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事