2018年1月20日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、米WHの後処理を加速/親会社保証一括支払いへ

2017/12/22  4面 

◆求償権売却し税負担を軽減
 経営再建中の東芝が、子会社だった米ウエスチングハウス(WH)の経営破綻に伴う後処理を加速している。WHの米原子力建設事業に関する親会社保証は一括支払いを進めている。支払いに伴って獲得できるWHへの求償権は来年3月末までに第三者に売却する方針。売却を通じて損金を確定することで、メモリー事業売却決定などによって生じる税負担が減って上場維持につながる効果も出てくる。保有するWH株も同月末までの売却を目指すが、米規制当局の審査を受ける必要があり、実現できるか不透明感が強い。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事