2018年1月20日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

7~9月、太陽光比率は最大3割に/天候不順で前期下回る

2017/12/22  3面 

 7~9月の全国10エリア需給実績がこのほど出そろった。時間当たりの需要電力量に対する太陽光発電量の比率は全国で最大27.8%、西日本で最大32.9%となり、前年同期の最大を8ポイント上回った。前期(4~6月)の最大と比べると10ポイント低下したが、太陽光比率の高い日は火力の出力抑制に加え、揚水の“昼夜逆転運転”も全国的に行われた。太陽光の出力抑制を回避するために系統運用が厳しさを増している状況に変わりはない。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事