2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東電HDなど5社、ブータン電力計画策定支援

2017/12/22  2面 

◆2040年向け電源系統を検討
 東京電力ホールディングス(HD)や日本工営など5社は21日、ブータンの電力マスタープラン策定に関わるコンサルティングを始めたと発表した。国際協力機構(JICA)の委託事業として実施。2040年の長期を見据え、経済発展によるエネルギー消費拡大が見込まれる同国の電源開発計画や電力需要予測の策定を支援する。
 JICAから業務を受託したのは東電HD、東京電力パワーグリッド(PG)、東電設計、日本工営と電力コンサルタント会社のIIEP(東京都渋谷区、伊藤雅幸社長)。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事