2018年1月20日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

ブロックチェーン活用、電子決済アプリを開発/中部電力

2017/12/20  1面 

◆余剰電力売買見据え
 中部電力は、ブロックチェーン技術を活用した電子決済アプリを開発した。独自の仮想通貨を発行し、社内で購入したコーヒー代金の電子決済や利用者間の通貨交換ができる。12月から本店内で、社員約30人を対象に実証を開始した。今後、同社はこれらの技術を応用し、余剰電力を個人間で売買できる電力取引システムの構築を目指す。
 実証では、アプリ内で利用する仮想通貨「カフェエネコイン」を発行。1コイン=1円に換算し、コーヒーの購入代金に充てる。
 代金の電子決済方法は指定のQRコードを読み取るか、支払先のアドレスを直接入力するかの2パターンから選ぶ。利用者間のコイン交換は、相手先を選んで金額を入力すれば、瞬時に送金することができる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事