2018年1月20日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

越冬直前まで工程着々と/東電PG・飛騨信濃直流幹線

2017/12/20  9面 

◆鉄塔の基礎掘削も/基礎工不足に懸念
 東西連系増強を目的に今夏から始まった東京電力パワーグリッド(PG)の飛騨信濃直流幹線建設工事が、12月に冬季の工事中断期間を迎える。岐阜~長野間で標高平均1150メートルに達する山岳地帯を越える建設現場は、降雪のため来春まで工事を中断する。同幹線の運用開始予定は2020年度。9工区に分かれた現場を担当する元請け工事会社7社は最初の冬を前に、作業現場の整備や一部鉄塔の基礎掘削など、各工程を進めた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事