2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

電動車、30年に550万台へ/トヨタ、パナソニックと協業

2017/12/15  4面 

車載用電池での協業を発表したトヨタ自動車の豊田社長(左)とパナソニックの津賀社長(13日)
車載用電池での協業を発表したトヨタ自動車の豊田社長(左)とパナソニックの津賀社長(13日)
 トヨタ自動車の豊田章男社長は13日開いたパナソニックとの共同会見で、「2030年頃に全販売台数の約50%を電動車両とする」との目標を掲げた。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車、燃料電池自動車(FCV)を合わせた販売目標は約550万台となる。「電動車のフルラインメーカー」(豊田社長)として、次世代電池の開発や生産体制の整備でもパナソニックとの協業を検討する考えだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事