2018年1月23日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

日立、英国向けABWRの設計審査が完了/投資決定へ前進

2017/12/15  1面 

英国での授与式に出席した日立の竹原COO(左=現地時間13日)
英国での授与式に出席した日立の竹原COO(左=現地時間13日)
 日立製作所は14日、同社の英原子力建設事業に採用される英国向けABWR(改良型沸騰水型軽水炉)について、包括的設計審査(GDA)が13日(現地時間)に完了したと発表した。子会社の日立GEニュークリア・エナジーが申請し、英国の規制当局の審査を受けていた。審査開始から5年以内の完了を目指していたが、4年9カ月で済んだ。同事業は日立にとって初めての本格的な海外原子力建設案件で、2019年の最終投資決定(FID)に向けて大きな一歩をしるした。
 GDAは、英国内で初めて採用される原子炉の設計に義務付けられている事前認証審査。審査内容は土木建築から原子炉化学まで20の技術分野に及ぶ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事