2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]中部電力・碧南火力発電所

2017/12/14  9面 

◆定検短縮37日を実現
 中部電力のベース電源として稼働する碧南火力発電所(石炭、1~5号機、合計出力410万キロワット)は、稼働率の向上を目指すべく2016年から定期点検工期の短縮に本腰を入れている。今春に実施した4号機の定期点検では37日間短縮する成果を上げ、今後の工期短縮に向けたノウハウも蓄積できた。今回の特集では安井稔所長に工期短縮の要因を聞いたほか、現場作業者にもインタビュー。他の模範にもなる碧南火力の活躍を紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事