2018年1月23日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

横浜火力7、8号系列、全8軸の高効率化完了/東電F&P

2017/12/14  3面 

8号系列2軸で行われた新しいガスタービン本体の据え付け作業
8号系列2軸で行われた新しいガスタービン本体の据え付け作業
◆燃料費80億円削減
 東京電力フュエル&パワー(F&P)は12日、2015年7月から進めてきた横浜火力発電所(LNG)7、8号系列全8軸の高効率化が完了したと発表した。ガスタービンなどの取り換えにより、各軸の発電効率は54.1%から55.8%へ向上し、出力も35万キロワットから37万7千キロワットに増加した。全8軸の高効率化により、燃料費を年間約80億円、二酸化炭素(CO2)排出量を年間約24万トン削減できる見込み。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事