2018年1月22日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、タービン出荷容量が累計2億キロワット突破

2017/12/12  4面 

◆日本・インドの製造拠点合計で
 東芝は11日、日本とインドにある両製造拠点のタービン出荷容量が合計で累計2億キロワットに達したと発表した。2億キロワットを突破することになった設備は、ベトナム電力公社がベトナムのビントゥアン省に建設中のビンタン4石炭火力発電所拡張プロジェクト向けの超々臨界圧蒸気タービン。このほど工場出荷が完了した。
 東芝グループがこれまでに出荷したタービンは1980台。世界43カ国・地域のエネルギーの安定供給に貢献している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事